2008年03月29日

テレ東でストライキ?

テレビ東京で昨日3月28日、主だった局アナウンサーがテレビから消えるという珍妙な事態が起きました。で、いつもの如く2ちゃんの実況板に行くと、どうやら「テレビ東京社員が一斉にストライキに入ったのではないか」との事でありました。

その間どうやって主要な番組を繋いだかというと、なんとゆかりのあるキャスターが代役という形に。朝昼は「ニュース・モーニングサテライト」でお馴染み、本村由紀子さんが出ずっぱり。時間の感覚を失い、午後3時半からの「クロージングベル」でゲストに向かっていつもの癖で「おはようございます」と言ってしまう始末だったらしく。夕方「速ホゥ!」では唯一局社員で管理職の久保田麻三留(くぼた・まさる)さん、そしてなんとお天気お姉さんの内藤聡子さんという布陣!速ホゥで内藤さんは本職に引けを取らない卒の無い仕事ぶりでした。

「ワールド・ビジネス・サテライト(WBS)」はいつもの小谷さん、日経新聞より出向の阿部百江さん、あと憶えてないけどゲストの人の3人。スタジオが映った時、思わず「すくな」ってつぶやきました。収録済みの映像では須黒アナが出たりしてましたが、基本的に3人でした。

その後の「メガスポ!」は見逃してしまったが、速ホゥと同じく久保田さんがやってらした様です。[訂正]違うみたいでした。荒井千里さんって言う、ちょっと存じ上げない方が。どうも系列局のテレビ愛知より出向、らしいのですが…。モヤモヤさまぁ〜ずは収録なので大江真理子アナは普通に出てました。大江アナも本来はWBS金曜に出るのですが…。

いつもは公的機関ぐらいの外面をしているが、こういう時にはちゃっかり労組としての権利を行使してるのは、何とものんきです。珍しい物を見られたという意味では良い日でした。

あ、でも金曜ストでオープニングベルとクロージングベルに出なかった末武アナは、4月以降の続投はあるのでしょうか…?


posted by ゼンマイ at 03:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

褒める事は難しい

皆さんが思ってることを普通に書いて、「言われるまでもねえよ、うざ」って思われるタイプの文章を書きますよ。さ、今のうちに逃げて。

amazonのレビューなんかを見てますとね、レビューなんて外来語表記だとぼかされてしまうが、「お薦め」と言い換えるべきだと考えております。

幾あまたの商品ございますが、アニメが最も分かりやすい。「レビュー」っていう額面さえあれば、貶そうが何だろうがそれは良い事だと考えている節がある。ガンドレス級に未完成であったり等、商品として成立してないなら警告としてレビューを活用するのは理解できます。

が、必要以上に風評被害を受けているケースもあるのではないでしょうか。レビューは自分の好き嫌いを発表する場なのか。そんなのは自身のブログで好きなだけ展開していただいた方が懸命であります。知らずになんとなく「名前だけ聞いたことある〜」つってふらふら〜っと辿り着いたユーザーにも、購買意欲を掻き立てる文章をいかにして書くか。これが重要なんだと思っております。

音楽ソフトだとそれなりに、知らない人にも解る様な文章立てがされてるものもありますが、アニメの場合はとかく掲示板の如く無内容だったり、ファン対アンチテーゼの争いだったり、発売前なのに期待値だけで先走ったり(これは音楽もゲームもそうだが。発売前のレビューは投稿出来ない様にして欲しい)、そういった事が集積していって商品そのもののイメージまで損なっていないかと、時折思うのです。

読んで楽しくなる、そして思わず手を伸ばしたくなる文章を心掛けたいものです。ユーザー自身が成熟してるってのがどうしても必要になってきますけど。あーでもさっき書いたのからすれば、講釈垂れるのはブログでやって、Amazonのレビューは短めなのが読んでて重くなくていいのかな…。
posted by ゼンマイ at 00:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

激論徹底討論!ニッポンの行方! PART3

まあよくアニメも見る、TBSでマクロス再放送も終わりまして、その後もダラッとテレビ点けてたら、何か急に討論番組が始まりまして。

MCにいとうせいこうと小島慶子アナ、そしてゲストに優木まおみとその他もろもろ、パネラーとして国会議員、民主党の長妻さん、川内さん、自民党から一太、他。

祝日とはいえ、何でこんな深夜に?冒頭に設問として、「生活に不安があるか」「政治に対して不信感があるか」と2問ほどぶつける。観客は各々スイッチを持っていまして、「ある・ない」の二択。不満がないって事はありえないので、結果なんか初めから解り切っています。両方ある。そこから3つのテーマで討論で、テーマ。

1.年金問題
2.道路財源
3.成人の年齢引き下げ(どうでもいい・・・)

もう既に面倒だったけども、年金問題のくだりで、なんでか知らんが政府与党が悪いに決まってるという、まあTBSならいつもの論調ではあるけども、あれってそもそも、

安倍前首相がむしろ社会保険庁の抜本的改革を進めようとしたら、不当なまでのバッシングに遭い、心労から退陣に追いやられたという話ではなかったか。そんな風に記憶していた。以下参考動画


僕も、番組に登場してる観客と同じくらいには馬鹿なので、せめて人の話は良く聞こうと心がけてはいるのですが、まあ酷かったですよ。制限時間を設けて自民側と民主側の1対1で討論なのだが、その時間内で観客に賛同する側にスイッチオンさせるというスタイルを取っていました。(注・この番組は録画です)が、まだしゃべってもいない民主の長妻さんにもりもりもりもり投票が入った時点で、「あー、これは駄目だ、出来レースだ」と醒めてしまいまして。討論といっても5分やそこらでは到底深くは掘り下げられない訳で、観客もまあ最初から言いたいことばっかり言ってましたねと。社会保険庁の件は長年に渡って鬱積してきた問題で、現政権を叩いたから何とかなる問題でもないのに。政権交代したとて、長妻さんの言う様な理想的な立ち回りが出来れば良いですけど、その覚悟が果たして民主党にあるのかな?と。

道路財源にしたって、無駄な道路が出来まくる一方で、引きたいのに引けない地域が多かったりするのと、土建屋の生活どうなるかって、全く官僚的な言い方だが、自分と関係ない事については好き放題言えるものです。(地方にとっては、道路が整備されすぎると都心に向かって無限に人が流出してしまうので、あんまりスムースに行かれても困るという事情があるんだけどね。地元に国道が出来たときは何の気なしに喜んでいたが、後に過疎化が急速に進行してね。東京都と陸続きの東北出身者の意見として)

最後に成人の年齢引き下げ・・・心のそこからどうでも良い。スーパーエリートがどうのこうのと、知らんがなと。社会人としての責任を自覚できる年齢と、建前としての成人というのは完全に別個に考えるべきだとは思ってます。

民主党の3戦3勝。観客の主観だからこの結果は何ももたらしません。と最後に、冒頭の質問を繰り返しました。少し不満が「ない」の方向に傾きまして。ここでせいこうが一言、

「皆さん、これで不安は少し解消されましたね!」
テレショップか!w最後に壮大にずっこけました。でもまあ政治に興味を持たせる入口としては及第点かな、と。このレベルの番組もゴールデン帯でまともに出来ない日本のテレビって何なんだろう、という感想でした。

しかし、オチはこの後でした。何か変わった器械の説明が始まり、
「解散総選挙がいつ起きても、迅速に対応できるシステムを・・・」
総選挙に誘導する気満々かいなwやられた!
ラベル:政治 テレビ TBS
posted by ゼンマイ at 13:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

でぶやオワタ

元祖!でぶやの2時間スペシャルが本日放送されました。でも某掲示板の、まあ2ちゃんですよ、2ちゃんの実況に行きました所、最終回と。

「え?」って思って、まあ通しで見た、様な気はしたけど、全くゆかりのあるデブタレント、マッスル、内山君、ゴリけん、タイムマシーン3号、胡蝶蘭、いずれも出ませんでした。代わりに居るのは、青田典子、アンタッチャブル、そして何故かテレ東の前田真理子アナ。

東京のまいう〜巡り、とはいうものの、そんなのは少し前に深夜時代"Debuya"スタイルで一回やったのでまるで新鮮味もなく、ただただ見苦しい放送でした。『でぶがでぶの為の食い物を探しに行く』というコンセプトが根底から失われて、ただの凡百の食い物番組に成り下がっていました。

思えば、あの深夜スタイルで一回やったのも、DVDの販促は当然だが、旧来の視聴者を繋ぎ止めておく為の単なる餌に過ぎなかったわけで、それは現在のスタイル以降の視聴者に対しても失礼に値すると思います。
(個人的にはアンタッチャブルの落ち目感が見てて悲しかった)

放送終了後の元祖!でぶや公式サイトhttp://www.tv-tokyo.co.jp/debuya/には、「放送は終了しました」の文字。最悪の終わり方。そういやFlashでデカデカと「YATTA!」って書いてる割に今回YATTA!って無かったろ。

今後特番の形で単発的にやるか、も未定でしょうな。今の制作会社のままではどうせやっても文句言うので、もういいや。DVD見ます。

かつての『どんねるずの生ダラ』の最終回を思い出します。あれも末期はパチンコばっかりやってて最終回も締めがパチンコで確か和田アキ子が出てました。あれも最悪でした。

そしてさらに悲しむべきは、その時には既に2ちゃんで実況板が創設されていた事です。
(その時はネットを本格的に導入する前だったもので)終わり。
いよいよ今日が「とんねるずの生ダラ」最終回 タイムスタンプ:2001/03/14(水)
http://cocoa.2ch.net/tv/kako/984/984570250.html

<訂正>リンク先はテレビ番組板だったみたいです。当時は、今ほどは実況行為に対して厳格ではなかったしね。
ラベル:テレ東 テレビ
posted by ゼンマイ at 00:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。