2009年10月18日

瀬戸花本編・21、24話(終了しました)

最終日まで紹介すらしてなかったなんて、全くもって看板に偽りありだね!

21話(本編でも屈指のカオス、いわゆるアマゾネス回)と24話(原作にない三河君の最期(?))は





本日一杯までです!

[10月19日追記]
終了しました。


posted by ゼンマイ at 15:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 瀬戸の花嫁関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

銭湯の日

10月10日は旧体育の日であり、萌えの日であるがそれは飛ばして、銭湯の日であった訳ですね。

たまたま思い出すこともなく近場の銭湯に足を運んだら、何か湯船にハーブ系統の物が浮かんでました。が、俺は眼が悪いので良く見えませんでした(;´ω`) 後で調べるとあれはラベンダーらしいですね。

銭湯の日とラベンダー湯 - 東京都浴場組合ホームページ

薬効成分で入り始めの刺激も少なく、いい湯でした。たまには銭湯も乙なものです。
ラベル:東京都 銭湯
posted by ゼンマイ at 03:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

GONZOスタイル、さよならだけどさよならじゃない?最後に瀬戸花グッズ購入

9月一杯までのGONZOスタイル閉店セールで買った、瀬戸の花嫁のイラスト集と名刺ケースが届きました。
DSCF1220.jpg

イラスト集は初出の時に買ってるのにもう一冊いきました。名刺ケースの横にあるのは入っていた箱、中身は決めゼリフ5選。欲を言えばギョパネットの社員名刺が欲しい。

DSCF1231.jpg

瀬戸花にハマり、恐らく後にも先にもこれしか無いだろうという位、アニメグッズを買いました。ほとんどGONZOスタイルにお世話になりました。運営してるGONZO ROSSO(まぎらわしいのでロッソ、ネトゲ運営が主)がグループ離脱で完全にGONZOとは別会社になったので、今回の閉店も致し方ない所です。ありがとう、GONZOスタイル!さようならGONZOスタイル!

と思いきや、改装中というページが登場。ロゴも変わっている。これは新装開店の前ふりでしょうか?果たして。
posted by ゼンマイ at 02:23| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

[訃報]中川昭一・元財務・金融担当相急死



あまりに突然の知らせに、悲しむ暇も無く呆然としてしまった。数少ない本当の意味で日本の事を考えてる人で、あの一件はあった物のまだまだこれから!という人だったのに、ただただ無念たる想いです。

心より、お悔やみを申し上げます。
posted by ゼンマイ at 04:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

天体戦士サンレッドFIGHT.27(第2期1話)

待望の天体戦士サンレッド2期開始!開始時刻も日曜0時前、土日のゴールデンに移り、よりパワーアップ。



FIGHT.01と同じ導入で帰ってきた感動を噛みしめ、さあ行くぞーってあれー?w最初からいきなりフェイクネタというアグレッシブさだが、フェイクほど本気になってしまう岸イズム。うそOPはサンバルカンのオマージュという事らしいが、残念俺が生まれる前だったー。イエローのたこ焼きポロッはポイント高い。昭和のドラマは確かにこれが無いといけない。菊タローさんという配役もナイス。そして現実は厳しい。

そして真・新OP。かなりポップかつリッチになった映像、新OPテーマは意外と変拍子も織り交ぜ華やかに、そして噂の新体制、監督・松本剛彦、総監督・岸誠二!勝手知ったる関係なので問題なし!前作はバイクの値段が変わりましたが、今回は久々に見つかったサンシュートの充電率の様です。(しかし、ロケ地を余さず書くコメントの人がすごいね。)

最近対決より内務重視(?)のヴァンプ様。レッドさん、なんだかんだで付き合ってやってる優しさ。Pちゃん最強説は健在。そしてかよこさんはやはり可愛い。

EDはまたしても熊さんの仕業である。こちらはうって変わって、心にしみる歌謡曲。

回数も地続きという事で、基本的な造りは変わらず安心の面白さだが、心なしか空間が広く感じられリッチな雰囲気になっている。松本さんがコンテ・演出・作画監督・原画と、縦横無尽に活躍するため、統一感が上がっているのだろうか。(失礼ながら、松本さんがこんなに絵コンテ書ける人とは思ってなかった)これから松本さんの手腕に期待。そして、胸を預けた岸さんの英断に拍手。Angel Beats!に安心して集中して頂きたい。と言ってもあの人のことだから、ちょっかい出さずにはいられないだろうけどw
posted by ゼンマイ at 21:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

けんぷファー・にゃんこい!、マスコット付萌えアニメ被り

2009年10月期、秋のアニメが始まる時期です。TBSのアニメ2本。なお今期よりTBSは、悪名高い俗に言う「サイドカット」(16:9の映像の左右を切って4:3として放送する)が無くなり、16:9で放送となった様です。

けんぷファー第1話。

状況説明無しにぶっとばして来ましたw主人公ナツル(男→変身して女に)の相方?のぬいぐるみの声が野村道子(以前のしずかちゃん)。あーもうこれでネタアニメとしてしか見てもらえないや。声優ネタ満載、エロシチュエーション満載。前半終了を待たずして、既にまともに見るのが馬鹿らしくなる。

非常に駆け足な展開(ナツルと誰が対立してるのかも良く分からないままに)最後にドーン銃声終わり。エンディングのチープな腰振りに衝撃。フィルムは精度も高く、無駄に良く動く。スタッフクレジットは、キャラデザ・総作画監督に「ロザリオとバンパイア」でも名を馳せた藤田まり子、原画にしれっと中澤一登など、実力派アニメーター目白押しである。そしてエロアングルを非常に多用する。一昔前なら、この手のフィルムは後述するAICの十八番だった気もするが、本作の制作スタジオはノーマッドである。フィルムがいいもんだから余計に性質が悪い。

数年前ならU局でやってそうな頭の悪い構成のアニメだが、こんなのがキー局でも放送される時代か。原作未読者(自分含む)を盛大に置いてけぼりにする構成だが、この第1話を見せられて原作で補完する気力が起きるかどうか。非常に悪名を買ってるが、「悪名も評価のうちだ」、と「ドルアーガの塔」シリーズ構成の賀東招二いわく。

エロ需要と、性転換という特殊需要でどこまで行けるか。野村道子さんの声は頭から離れない。あ。主人公は井上麻里奈なんだ、へー・・・。

続いて、にゃんこい!第1話。

けんぷファーの第2話が始まったかと思ったぐらい、「萌えアニメ+マスコット要素」でネタが被りまくってるのだが、こっちは最初から堅実な足場固めで好印象。おばさんにネコミミ・・・w

マスコットの猫がまさかの田中敦子、「攻殻機動隊」の少佐である。主人公・潤平と、この猫・ニャムサス(少佐)、もう一匹福山潤演じる猫も交えての珍妙な掛け合いが面白く、SEやBGMチョイスに「瀬戸の花嫁」でもお馴染み音響監督・飯田里樹の技が光る(提供クレジットのねこふんじゃったに和むw)。考えてみれば、キャラデザ・森田和明、アニメーション制作・AICと、「瀬戸の花嫁」との関連性が指摘されるが、今回の川口監督との相性も良好。終盤のレーダー表示の辺りはカオティックで笑って仕方なかった。最後の小林ゆうのイラストはそう何度も使えないのでこれっきりでお願いします。pixivでイラスト募集?

滑り出しとして、AICの安心品質というか、丁寧でコメディ要素を大事にした良いアニメ。けんぷファーのインパクトの前に霞んでしまわないか心配だが、これは太鼓判を押しておきたい。TBSは何故被るアニメを並べてしまったのか、全く。せめて逆だったら。

2ch脳過ぎる文章を反省します。スタッフの事ばっかり書いてます。しかし、アニメ部門だけに関してはTBSよく見てるんだな俺。
posted by ゼンマイ at 07:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスカッシュ最終話

バスカッシュ最終話。

ただただ意味が分からず独りよがりな展開に流されていくのみであった。中盤、月へ到達する寸前に墜落して、地下に潜ったか何だかの辺りから、俺は完全に振り落とされて落馬してしまった。ので、興味を引くような好意的な感想を書けない。(ほぼ全ての作品について、そういう傾向は強いかもしれません)

他のブログを覗くと、皆さん丁寧に書いてるなー、って感心しきりで。俺はーーーーまあキスダムに続いてやらかしてしまった残念、としか申し上げられない。バスカッシュ!って連呼してればいいだろ的な、非常に投げやりな展開になってしまったのが残念でならない。フィルムの出来は標準以上だっただけに、なおさらシナリオの迷走が目立ってしまった。しかしそんな中良く完走してくれた。お疲れ様でした。敗戦処理が大変そうだけど。
posted by ゼンマイ at 06:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

蒼天航路の すごい ぶつ切りエンド

アニメ・蒼天航路が最後文字で説明して余韻もなしの、アニメ史に残るぶつ切りエンドで唖然。

EDテーマの最後のブレイク「でぇん!」で通常は次回告知が申し訳程度に出るのだが、今回はソフト[Blu-ray/DVD]の宣伝という、あまりにも露骨でふざけんなである。そして毎回日テレ火曜深夜枠恒例の、謎のグラビアアイドルタイムはしっかり放送という、そこ削って一応のエピローグをちゃんと挿入せいよ!誰も得をしない終わり方でした。そしてラストが文醜とか、中途半端にもほどが・・・。

そして蒼天航路と、日中共同で製作する三国志もののアニメはまた別だって事を、今更確認する俺。TAF2009の時からまるで話を聞かないが、あれいつやるの?

あー何かRD潜脳調査室の時の沖佳苗ちゃんの「リアルドラ〜イブッ!」が無性に懐かしくなってしまう。今ではプリキュアだものな。
ラベル:アニメ 蒼天航路
posted by ゼンマイ at 06:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

[習作]メタルナ

落書きです。ギターのヘッド側が著しくアップになったアングルの写真が、いざという時に無くて困ったりするものです。あ、一応江戸前留奈です。ちゃんとした絵にしたいです。

kind of loud 絵(口)ブログ メタルナ
posted by ゼンマイ at 02:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

亀井静香ちゃんのBack to the 55年体制?郵政担当大臣に内定

ゲームの実況プレイ動画は、リアルタイムで無いと見るに耐えん!大半が自己顕示欲丸出しの動画タイトルでうんざりしてしまうから!主にニコ厨。

さてすっきりした所で、やっとこの、二週間という長いような短いような空白を経て、鳩山民主党の内閣人事が決まりつつあるけど、
亀井氏ポスト急転 防衛相から「郵政・金融担当」に - MSN産経ニュース
「小泉(今となっては小泉シニア)憎し」が結果的に望んだ通りのポスト(郵政だけに)を手に入れてしまった。小泉改革、こと郵政民営化に限って言うと、揺り戻し路線が今更そこまでの支持を得られているのか、大いに疑問である。また、JPエキスプレスとかの扱いがどうなるのか、民営を国営に戻すとすれば、それにまた莫大な予算が費やされるのかと考えた場合、民主党内から反発は避けられないと思うが・・・。

海外からも、改革後退を嫌気されて株価が下落する懸念も?

J-CASTニュース : 亀井静香一転郵政相内定 民営化揺り戻しどこまで?

>ロイター通信の2009年9月15日付記事によると、ある国内証券ディーラーからは、「郵政改革は日本の構造改革の象徴であったため、後戻りするような政策になれば、海外勢からは改革姿勢の後退と受け止められ、日本株売りにつながりかねない」との指摘が出ているという。

やっぱりそういう指摘はある様だ。

見直しというなら、近年配達物を破棄して逮捕されてる(ゆうメイトの?)バイトが絶賛増加中なので、そいつらへの教育の徹底、やる気を出すために給与体系の見直し、そこまで考えておられるのだろうと、期待をこめております。
posted by ゼンマイ at 01:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。